サービス案内 各種設定利用案内 対応プロバイダ お問合せ Air H"活用リンク

各種設定・利用案内

Outbound Port25 Blocking

自動設定

ダイヤルアップ手動設定

メールアドレス手動設定

ワイモバイル Eメール利用

送信前に




トラブル対策
PRIN mail
 

ここでは、Windows Vistaをお使いのお客様が、ご自身でPRINへの接続設定を行う場合の手順をご案内しています。
作業は全部で16項目と多いですが、一つ一つ全ての画面を追ってご案内していますので心配は要りません。

何をするの

作業は大きく2つに分かれます。
  • 接続先の作成(1〜9)
  • 作成した接続先の設定(9〜16)
これらを設定することでPRINをお使い頂けます。
以下の「設定手順」に沿ってPRINへ接続するための設定をしましょう。

設定手段

1. 「スタート」メニューから「接続先」を選択します。


2. 「ネットワークに接続」ウィンドウが表示されますので、「接続またはネットワークをセットアップします」をクリックします。


3. 「ダイヤルアップ接続をセットアップします」をクリックします。「次へ」をクリックします。


4. ご利用になるモデム(ワイモバイルの電話機)を選択します。


5. ダイヤルアップの電話番号を入力します。
こちらの表でご契約コースにあった電話番号をご確認ください。

※電話番号の後ろの「##4」、「##7」、「##61」、「##64」は各通信方式で通信を行うために必要な設定です。
なお、「##4」、「##7」、「##61」、「##64」などの記号は、USBケーブル、PCカード等の型番によって異なる場合があります。
詳しくは取扱説明書をご参照ください。

※「つなぎ放題コース」「ネット25」「パケコミネット」をご契約のお客様が「回線交換方式(64kPIAFS)」の電話番号を入力すると、ご契約コースの料金とは別に標準コースの通信料が別途かかります。


「ユーザー名」、「パスワード」、「接続名」は「PRIN」と入力し、「接続」をクリックします。


6. 「閉じる」をクリックします。


7. ネットワークの場所の設定を行います。主にご利用される場所をクリックしてください。


8. これで接続先の作成は完了しました。「閉じる」をクリックし、作成した接続先の設定を行います。


9. 「ネットワークに接続」のウインドウが表示されましたら、先ほど作成した接続先「PRIN」を右クリックし「プロパティ」をクリックします。


10. 「全般」タブをクリックします。
「接続の方法」が先ほど設定したモデムであること、「電話番号」が、先ほど設定した番号であることを確認し、「OK」をクリックして下さい。


11. 「オプション」タブをクリックします。
「名前、パスワード、証明書などの入力を求める」にチェックがついているか確認し、「OK」をクリックして下さい。


12. 「セキュリティ」タブをクリックします。
「セキュリティオプション」で、「標準」の「セキュリティで保護されていないパスワードを許可する」が選択されているか確認し、「OK」をクリックして下さい。


13. 「ネットワーク」タブをクリックします。
「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」にチェックがついていることを確認して下さい。
「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。


14. IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」を選択し、「詳細設定」ボタンをクリックします。

※回線交換方式(64kPIAFSなど)でご利用の場合は、「次のDNSサーバーアドレスを使う」を選択し、
  プライマリDNS:210.196.3.183   セカンダリDNS:210.141.112.163
  とご設定お願いします。


15. 「IP設定」タブをクリックします。
「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う」にチェックを入れ、「IPヘッダー圧縮を使う」のチェックは外し、 「OK」をクリックします。


16. 「OK」をクリックしてください。


以上で設定は完了です。うまくPRINに接続できましたか?
残念ながらPRINに接続できなかった場合は、先ほど作った「接続先」を削除し、もう一度やり直してみてください。
それでもうまくいかない場合はワイモバイルのお問合わせ窓口までお問合わせください。
SoftBank Corp. All Rights Reserved.